当社について – NDEレスキューアンリミテッド
私たちがしていること

世界中で*ほぼ死にそうな*人*を助けます(条件が適用される場合があります。当社の完全な救助パッケージを参照してください)company

歴史

1952
50年代初期に心理学と神経科学の研究をしていた際、トーマス・セクニス博士がウィーンの図書館でジグムンド・フロイト博士の小さなハンドブックを見つけました。フロイトは、脳活動の研究中、脳の活動を記録するヘルメットを開発したと述べました。ある心理テストの患者の1人は、昏睡状態に陥りました。昏睡中にヘルメットが不思議な脳活動を記録しました。この行動は今まで知られていませんでした。

1957
ジグムンド博士は、さらに詳しく研究を行い、昏睡中の異常な脳活動に関して、世界中の様々な大学や病院で記録されたデータにアクセスしました。彼の出版物のおかげで、一般の人でも生と死の間の状況のことが分かるようになり、死に近い状態の人が経験した「光」または「トンネル」現象として、この状態が知られるようになりました。

1962
トーマス・セクニスは、「死のビジョンヘルメット」の最初のバージョンを開発しました。これはマップ上の移動する影を示していました。昏睡の患者の近く;これらの影の中には、適当に動き、他の影は患者の体から「ゲート」と呼ばれる光を引っ張っているように見えました。セクニス博士は様々な条件と電子デバイスで実験を行い、プロセスを遅くするフィールドを構築しました。光が「ゲート」に着くまで患者の命が体から消えなかったことを、科学的に確認することができました。

2002
これらの実験は、2000年代の初めまで密かに続けられました。彼の非嫡出子の一人、コンピュータ科学者、カジミール・バッグクリが最終的に研究のもう一つの次のステップを達成しました。高度なコンピュータ技術の統合により、NDE状態の人たちが見えるものと直接行動できるようになりました。

2005
国際的なビジネスベンチャーグループからグループでサポートされているNDEグループは初めて死に近い状態のときに見えるものを録画できる第1のヘルメットを開発しました。死に近い経験をしている人が着けているヘルメットとその他の人の間の送信機のおかげで、特定の状態で見えるものと行動できるようになりました。これによりNDE研究プロジェクトは注目されました。

2007
NDEプロジェクトはさらに研究を拡大し、電子的に昏睡状態になった人を追跡することが可能になりました。鉱山会社、研究施設、化学ラボのような世界的な施設は、非常に危険な活動をしているため、突然の緊急時のために自分の施設にこの技術を取り入れました。

2010
何度かの介入後、NDEプロジェクトは「99%死んでいない」サービスを完了させました。世界のどこにいても数分以内に臨時体験をしている人を助ける高度な訓練を受けた専門の攻撃部隊を作りました。

2014
今、NDEストライクフォースは準備ができています。どこでも助け、いつでも参加する準備ができています。死さえも恐れていません。